脂肪肝を改める方法 

○脂肪肝を防ぎ、肝機能を改めるために、脂肪肝の要因となるものを改善する事が大事です。
脂肪肝の要因となる物は、1.肥満・糖尿病、2.過度なアルコール摂取などです。

 

1.低カロリー&低脂肪の食事を心掛ける

 

脂肪肝の要因となる肥満を改めるには、ダイエットが肝心です。ダイエットには低カロリーで低脂肪食の、バランスの取れた食事をする事が大事です。どうしても食べすぎてしまうと言う方は、毎回の食事の量を減らすようにしましょう。他にも、適度な運動は大事です。

 

2.過度なアルコール摂取は控える

 

脂肪肝を改めるなら、最も重要なのは過度なアルコール摂取を控えることにあります。

 

肝臓は別名「沈黙の臓器」です。これは、肝臓は再生能力や代償能力が優秀で、負傷しても残った正常な細胞がいつもよりも活発に働き、昨日を停止させることなく働き続けるからです。

 

ですので肝臓に何かしらの異常があったとしても自覚症状が無く、異変に気付いた時は病が悪化していることが多いです。定期的に健康診断を受け、肝臓の値を気にして、脂肪肝となる前にしっかりとした食事や生活習慣をするようにしましょう。

 

脂肪肝に効果的な食事療法や食品

 

○脂肪肝に効果的な食事や食品は、タウリンが含まれた食材や食事です。

 

肝臓から分泌される胆汁酸は、コレステロールを体外に排出させる作用があります。タウリンを豊富に含む食材を取ることで胆汁酸の分泌が増加し、血液の中のコレステロールの値も低下します。

 

○タウリンには、酵素の働きをサポートする作用があるので、アルコールの分解を促進し、肝臓への負荷を軽減してくれます。他にも、タウリンは腎臓や肝臓の有害ミネラルとなる毒素を濾過する働きを促進してくれます。

 

○牡蠣に含まれているタウリンは、肝臓に蓄積した中性脂肪を肝臓の外へと排出し、さらに脂肪肝を良くする作用を持っています。

 

即ち、タウリンが肝臓に侵入すると、最初に肝臓の中野中性脂肪を除去し、そして肝臓から脂肪を外に出す作用を行います。食事療法では、タウリンを豊富に含んだ牡蠣を積極的に食事で摂るようにしましょう。