食べ物で肝臓を改善

人体の中で、欠かすことのできない数々の働きを持っているのが肝臓です。

 

しかし、肝臓は多少の異常では問題なく働いてしまい、気が付かぬうちに異常が深刻化、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。
こういったことにならないために、普段の生活習慣から肝臓を気にかけておく必要があります。

 

では、どのような生活習慣に気をつければよいのでしょうか。
それは食事と運動です。
ここでは、食生活による肝機能の向上について述べたいと思います。

 

ウコン、牡蠣、牛乳、大豆、にんにく、しじみ、ごまなどが、肝臓の働きを助ける食べ物です。

 

肝臓に良い成分に、タウリンというものがあります。
タウリンは体内では、胆汁酸の分泌を促す働きがあります。
胆汁酸は血中のコレステロール値を下げる効果があります。

 

また、酸素の働きを向上させ、肝臓に負担をかけるアルコールをより速く分解させたり、肝臓や腎臓の毒素や中性脂肪の排出を促したりもします。

 

そんな効果を持つタウリンがたくさん含まれているのが、牡蠣やしじみです。
これらの食べ物は、二日酔いなどにも効果的です。
特に飲酒などをしている人はこれらの食材を積極的に摂取するとよいでしょう。

 

また、これらの食べ物を食べること以外にも、暴飲暴食や、農薬などの健康を害する成分の含まれた食材を避けるなどの工夫もしましょう。

 

肝臓に負担をかける飲酒もできるだけ控えるようにしましょう。

 

タウリンと肝臓

しじみや牡蠣、イカやタコなどの魚介類に多く含まれ、肝臓にも多くの良い効果をもたらす成分がタウリンです。

 

タウリンの摂取で改善できることはたくさんありますが、脂肪肝を患っている人には特にタウリンの摂取がおすすめです。

 

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪がついてしまって引き起こされるものなのですが、タウリンにはその中性脂肪を取り除く働きがあるのです。

 

また、飲酒の多い人にもタウリンはおすすめです。

 

アルコールの分解を促し、助けるという働きがタウリンにあり、肝臓への負担が軽減されるのです。
ですので、二日酔い時に飲むドリンクなどにタウリン配合と謳われているのもこういった理由です。

 

他には、胆汁酸の分泌を促す働きもタウリンが持つものです。
胆汁酸は血中のコレステロール値を下げる働きがあり、インスリンの分泌を促し、動悸、むくみ、息切れの改善など、様々な効果があります。

 

その他にも、肝細胞の再生に役立つなど、肝臓への効果を挙げるときりがないタウリンですが、体内で作られるタウリンの量は微々たるものです。

 

タウリンの効果をきちんと享受できるくらいの量を摂りたいなら、食べ物の他にサプリメントなどの利用がおすすめです。

 

タウリンをしっかり摂取することにより、肝臓の健康を維持したり、機能改善したりできます。肝臓を気に掛けるなら、是非タウリンの意識的な摂取を心がけてください。

 

もちろん、特効薬のようなものではないので、タウリンを摂取したとしても、暴飲暴食などには気を付ける必要があります。

 

 

オルニチンとは

オルニチンは人体の中にあるアミノ酸の一種で、肝臓の働きを助ける成分です。
「オルニチンサイクル(尿素回路)」というものがあり、オルニチンはこの中で重要な働きをします。
オルニチンサイクルは、アンモニアの分解のことです。
アンモニアは人体にとって有害とみなされるので、このオルニチンサイクルに従って尿素へと分解、解毒されます。
オルニチンにはこのサイクルを助ける働きがあります。
つまり、オルニチンをしっかり摂取していれば、アンモニアをスムーズに分解し肝臓への負担を軽減できるということになります。

 

また、アルコール性疲労を軽減させる働きもあり、様々な肝臓への効果を期待できます。

 

オルニチンは、人体に欠かすことのできないアミノ酸なので、もちろん体内でも生成されます。
ですが、その量は微々たるもので、オルニチンの効果を十分に享受することはできません。

 

ですので、意識的に食材やサプリメントから摂取するのがおすすめです。
肝臓にいい食べ物としてよく知られているしじみにオルニチンは豊富に含まれています。

 

他にオルニチンが豊富に含まれている食材として挙げられるのが、ヒラメ、キハダマグロ、パン、チーズなどです。
ですが、しじみが含有量では最も優れているので、しじみがおすすめです。

 

ですが、しじみを毎日摂取するというのは大変なので、1番効率が良い手段はサプリメントを利用した摂取だと思います。
もし肝臓のことを気に掛けるなら、サプリメントの利用も視野に入れてみてください。

 

 

ウコンとは

二日酔い対策のドリンクなどに、配合されていることが多いのがウコンです。

 

飲酒前に、二日酔い対策、酔い止めとして、これらのドリンクを飲んでいる人も多いと思います。
ウコンが酔いに対して効果的なのは確かな事実で、これらの行動は正しい行動です。

 

では、具体的なウコンの体内での働きについて述べていきたいと思います。

 

ショウガ科の多年草の一種であるウコンは、国内では南の温暖な地方で栽培されています。
国内でウコンの生産が一番多い沖縄を始めとし、鹿児島などでも作られています。

 

ウコンの特徴は、2つあります。

 

まず、1つ目は含まれている栄養素の多さです。
ウコンには1000種類もの栄養素を含んでいるものもあり、様々な効果が期待できます。

 

2つ目は主成分としてクルクミンが含まれている点です。
クルクミンの働きは、肝臓のアルコールを分解する働きを助けたり、胆汁の分泌を促したりします。

 

このクルクミンが含まれているため、二日酔い対策や酔い止めにウコンが利用されるのです。

 

ウコンとひとくくりで呼んでいますが、50種類を超えるたくさんの種類がウコンにはあり、特に注目を集めているのが、紫ウコン、春ウコン、秋ウコンの3つです。

 

ウコンはウコンドリンク以外にも、私たちの食生活の中に利用されています。
それがカレーです。
カレー粉にはウコンが使われており、たくわんの着色にもウコンが利用されています。

 

ウコンを摂取するなら、ウコンドリンクやサプリメントが一番手軽で便利です。

 

抗潰瘍作用、胃腸や十二指腸の殺菌、ガン予防、脳梗塞や心臓病、動脈硬化予防、などウコンには様々な働きがあります。

 

飲酒を頻繁に行う人だけでなく、これらの病気の要因を抱えている人も、ぜひウコンを摂取してみてください。