脂肪肝について 

食事から摂取した脂肪は、小腸で脂肪酸に分解されてから肝臓に運ばれます。ですが、糖分や脂質を多く摂りすぎて、肝臓に運ばれる脂肪酸が増加すると、肝臓で脂肪酸から生成される中性脂肪が肝臓に蓄積されます。

 

他にも、アルコールの過剰摂取からも肝臓に中性脂肪が蓄積されます。

 

皮下や内臓に中性脂肪が蓄積することで肥満となりますが、肝臓に蓄積されると脂肪肝となります。即ち、脂肪肝とは肝臓がフォアグラのような状態と言ってもいいでしょう。正常な肝臓でも、3〜5%程の脂肪を含んでいるのですが、5%以上になると脂肪肝と呼ばれます。

 

脂肪肝となった組織を顕微鏡で観察すると、肝細胞の中に球状の脂肪が過剰に増加しているのが見えます。

 

普通、肝臓の脂質はおよそ2/3がリン脂質で、だいたいは脂肪膜を作り、残りの1/3がコレステロールや中性脂肪、遊離脂肪酸となります。

 

しかし脂肪肝では、中性脂肪が必要以上に増え多くを占領し、コレステロールやリン脂質が溜まることは大抵無いのです。

 

脂肪肝は30〜70代に多く、男性は40歳前後、女性は40代以降の年代に多いです。性別で見ると男性の方が比較的多く生じています。アルコール性の脂肪肝は、放置しておくと肝硬変へと繋がることもあります。

 

脂肪肝の症状について

 

・脂肪肝は自覚症状を感じないので、定期的に健康診断を受けることが大事です。

 

脂肪肝になる原因

 

・脂肪肝の原因のほとんどは、肥満や糖尿病、アルコールの過剰摂取です。

 

○NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)とは

 

アルコールを飲まないという人でも脂肪肝から肝炎や肝硬変、肝臓がんに繋がる事があります。これが非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis)、略してNASHです。

 

NASHの原因の一つに、過度なダイエットとリバウンドの繰り返しによって肝臓に負荷がかかること。

 

ダイエットをして痩せた女性でも、栄養バランスが乱れ、脂肪肝となると、NASHになることも稀にあります。

 

バランスの悪い食事をするダイエットをし、リバウンドを何度も繰り返すことで肝臓に負荷がかかり、病へと繋がることがあるので注意しましょう。