脂肪肝改善サプリ人気ランキング 

肝機能の低下により、体にはたくさんの障害が生じてきます。そのまま放っておくと、万が一命に関わることになることもあります。肝臓系の値に異常や不安を感じたら、肝臓に優しくするように努めましょう。

脂肪肝サプリに含まれる効果的な成分
  • タウリン
  • オルニチン

などは肝臓にも良いです。
当サイトでは、効率的に補給できるお勧めの脂肪肝サプリをご紹介いたします。脂肪肝対策におすすめ!

脂肪肝改善サプリ人気ランキング

牡蠣のチカラα ←1ヶ月980円

牡蠣のチカラαは、広島産の牡蠣から作られたサプリメントで、亜鉛を多く含んでいるのが特徴です。亜鉛は、新陳代謝を行うのに必須のミネラルで肝臓の働きをよくし、アルコールの分解を促進する作用を持っています。ですので、脂肪肝の方やアルコールをよく飲む方は、亜鉛を定期的に摂取することで脂肪肝に効果があるといわれています。
牡蠣のチカラαは、脂肪肝におすすめな成分の亜鉛を1日分16mg(生牡蠣6個分)摂取することができます。
飲みやすい小さなソフトカプセルですので、サプリメントや錠剤が苦手な方にも飲めるようになっています。
そして、脂肪肝改善成分の亜鉛をはじめ、高麗人参やペルー産のマカなどをも配合していますので、脂肪肝の方、肝臓が気になる方、お酒をよく飲む方には、肝臓にいい成分たっぷりの牡蠣のチカラαがお勧めです

 

 牡蠣のチカラαの公式サイトへ

レバリズム-L 

レバリズム-Lは、一途に肝臓だけのことを考えて、肝臓に効果的な栄養素が詰まったサプリメントです。日本人のおよそ1,000万人が脂肪肝だと言われているのですが、それを救ってくれる役目を持つのがレバリズム-Lなのです。国産の高品質なしじみや牡蠣などのエキスが豊富に詰まっており、脂肪肝に働きかけます。
また、シスチンやビタミン類など、肝機能をアップさせるための成分も含まれており、肝臓が心配な方にお勧めしたいサプリメントです。

 

 レバリズム・Lの公式サイトへ

肝パワープラス 5日間のお試しがおすすめ

肝パワーEプラスは、脂肪肝の改善に必要なタウリンが豊富に含まれている脂肪肝サプリです。広島県産の牡蠣に豊富に含まれているタウリンや、長野県産のにんにく、紀州産の南高梅などのアリシン、クエン酸などと行った栄養素が凝縮されています。
脂肪肝の要因になる血液の中の中性脂肪やコレステロールを減少させ、過度な飲酒による肝臓機能を手助けしてくれます。現在公式サイトからのお申込みで、嬉しい返金保証が付いています。
今なら5日分のお試しセットがあります。まずはお試し!

 

 肝パワーEプラスの公式サイトへ

ヘパリーゼZ ←1日分100円!

ペパリーゼは、飲んだとき、飲む前にあらかじめ飲んでおいたら、次の日がものすごく楽になるということで、コンビニにも置いてるので知ってる人も多いかと思いますが、お酒をよく飲む人にぜひ常備しておいたほうがいいサプリです。(コンビニにあるのはドリンクが有名ですね)
コンビニにあるドリンクタイプとは違いサプリなので、カバンの中に入れて置いたら急に飲みに行く必要ができたときもすぐに飲めるので安心です。

 

コンビニで購入できますのでコンビニでご購入ください。!

 

病気とは違う脂肪肝ですが、放置しておくと・・・

本来脂肪肝とは、日々の飲みすぎや食べすぎから肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積した状態をいいます。「肝臓の肥満症」との異名もあり、特に3、40代以降に多いそうです。脂肪肝がわずらわしいのは、見た目では判断できず、痛みも無いことで、自覚症状がないところにあります。ですので、本人も、周りの人も気付くことが出来ません。しかし、脂肪肝の状態を放置しておくと恐ろしいことになりかねません!

 

自覚症状は感じないのですが、だんだんと肝臓を悪くしていき、中性脂肪やコレステロールが肝臓に一杯になるころに、肝臓病(肝硬変、肝炎、肝臓がんなど)などの大病に繋がる要因へと変わるのです。

 

脂肪肝が判明したらすぐにしたい対策とは

脂肪肝の要因は、過度なアルコール摂取と食生活の乱れです。アルコールの1日あたりの摂取量の基準は、ビールに例えると500mlで、日常的にお酒を飲んでいなくても、お酒を飲む席で何杯も飲むことが繰り返されたら危険ですよね。すぐに行いたい対策とは、お酒を過剰に飲まないことと、有酸素運動を行う事です。そして大事なのが、肝臓に効果的な栄養素や成分を補給することです。特に牡蠣やしじみに多く含まれているタウリンやオルチニンです。
タウリンやオルニチンは、二日酔い解消の印象が強いかと思いますが、実際はそんな単純なものではありません。これらの成分は、あるこーつの分解を促し、肝臓の働きを更に良くしてくれるので、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積するのを防止してくれます。

 

脂肪肝を防ぎ、改善するには、タウリンやオルチニンを脂肪肝サプリなどで日常的に摂ることが非常に大事となってきます。

 

脂肪肝の原因と症状

脂肪肝には、すぐにわかるような自覚症状がありません。そのため、「健康診断などで血液検査をしてはじめてわかった」という人がほとんどです。
症状を自覚しにくいといわれる脂肪肝ですが「疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとする」などを症状に気づくことがあります。これは、初期症状から症状が進行していることのあらわれです。健康診断などの際の血液検査でGPT(ALT)やGOT(AST)、γGTPなどが基準値を超えているときは、注意が必要です。とりわけ、GPT(ALT)が基準値を超えていたら医療機関に相談した方がよいでしょう。また、γGTPが高い数値を示す場合は、アルコール性の脂肪肝が疑われます。

 

「血液検査の結果が基準値におさまっているから脂肪肝ではない」ということが必ずしもあてはまりません。これが、脂肪肝のやっかいなところで、脂肪肝の患者の実に70%が検査の値が正常範囲だったというデータも示されています。(厚生労働省の資料)
さらに、「太っていないから、脂肪肝の心配はいらない」と考えるのも危険です。肥満ではないとされる人でも約2割が脂肪肝だったとのデータもあるのです。

 

脂肪肝とは肝臓に(正常では脂質全体で3〜5%くらい)中性脂肪が10%以上蓄積した状態で、顕微鏡で見ると「標本観察において、100個の肝細胞中に30%以上の脂肪空胞が認められる場合」とされています。脂肪肝は血液検査以外にも、腹部超音波検査では白く光る、腹部CT検査では色調が暗くなるなどで識別診断できます。
人類は飢餓状態であることが多かったため、DNAには飢餓の記憶が残されているともいわれ、「倹約遺伝子」「肥満遺伝子」と呼ばれています。脂肪をためこみやすいという特徴があります。日本人の三人に一人がこれを持っているともいわれています。また、多様化する現代社会の中で生活習慣が不規則になったり、過剰なストレスがかかるなどもあって、若い世代での発症、患者数の増加など傾向が見られます。

 

最近では、メタボリックシンドロームへの関心が高まっており、脂肪肝だけでなく高血圧、動脈硬化、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病についても注意する必要があります。

 

「飲酒の習慣」「肥満」「糖尿病」が脂肪肝の主要な原因だといわれています。さらに、脂肪肝の約70%は「飲酒の習慣」「肥満」が原因だとされているのです。しかし、こうした数字や事実だけを見て、「酒を飲まないから大丈夫」「太っていないから関係ない」とはいえません。自分の健康をしっかりと管理していくうえでも、定期的な健診と脂肪肝を改善するサプリを併用するなど、心がけましょう。

脂肪肝を改善する方法

健康のために「脂肪肝にならない」「肝機能を良くする」ことは大切です。

そのためには、脂肪肝の原因になるようなことを排除していくことです。
具体的には、1.肥満、糖尿病、2.飲酒の習慣(特に飲みすぎ)ということになります。

 

低カロリー、低脂肪を心がける

肥満の主要な原因は「食べ過ぎ」「食べ方の誤り」「運動不足」だといえます。また、日本人の糖尿病患者の95%は2型糖尿病だとされており、「食べ過ぎ」「運動不足」「ストレス」「肥満」が主な原因です。
「食べ過ぎ」はカロリー、糖質、脂質の過剰摂取につながります。「運動不足」はカロリー消費の低下、代謝率の低下につながります。
そのため、低カロリー、低脂肪な食事を心がけながら、栄養のバランスにも気を付けることが大切です。それとあわせて、適度な運動を取り入れることも忘れてはいけません。

アルコールは飲みすぎない

肝臓にはアルコールを分解する働きがありますが、処理能力を超えると中性脂肪がたまってしまいます。それだけでなく、肝臓そのものがダメージをうけることにもつながります。ですから、アルコールを飲みすぎないというのは大変、重要なのです。

 

 

肝臓は人が生きていくうえで重要な臓器で、様々な働きをしています。また、再生能力にも優れているため、ダメージを受けても機能が維持されます。これが「沈黙の臓器」と呼ばれるゆえんです。そのため、病状がかなり悪化しないと自覚症状はでないのです。
そんなことにならないように、健康診断などを定期的に受診してセルフケアに努めましょう。数値が基準値を超えるなどしたらお医者さんに相談しましょう。

 

 

 

 

脂肪肝に良い食事療法・食品
タウリンが脂肪肝に効果的

タウリンは肝臓にたまった中性脂肪やコレステロールを体の外に出してくれます。タウリンを含んだ食材を摂取することで、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らすことができます。

 

タウリンにはアルコールを分解する酵素をサポートする機能があります。ですから、アルコールを速やかに分解できるため、肝臓が受けるダメージが少なくなるのです。さらに、肝臓だけでなく腎臓にたまった毒素も排出してくれるので、ろ過機能が高まります。
タウリンを豊富に含む食材としては牡蠣が有名ですが、脂肪肝の改善にとても効果のある食材ですので、牡蠣から作られるサプリなどは、脂肪肝に有効だといえます。

 

余分な中性脂肪やコレステロール、有害な毒素などを体外に排出してくれるタウリンは重要な栄養素だといえます。日ごろからタウリンを豊富に含んだ食材を摂るように心がけましょう。

脂肪肝の改善にスルフォラファン

スルフォラファンは、脂肪肝の改善にも優れた役割を果たしています。今回はスルフォラファンが脂肪肝の改善に役立つそのメカニズムについて紹介します。

 

スルフォラファンの脂肪肝の改善メカニズム

脂肪肝の改善にスルフォラファンが有効、ということですが、実はスルフォラファンは肝臓の働きをサポートする働きがあります。
肝臓は人間の体内で「解毒」というものに対して欠かせない働きをしていますが、スルフォラファンがその解毒作用を高めてくれますので、より効率的に肝臓の解毒作用も働くことができるようになります。
肝機能の低下というのは、お酒を飲む以外にも様々な要因で起こります。
たとえば食べ過ぎやストレス過多などで肝機能が低下することは十分考えられることです。
スルフォラファンには解毒酵素をたくさん分泌してくれるという働きもありますので、ストレスのたまりやすい現代人にとってまさにうってつけの成分といえるでしょう。

 

もちろんこれは肝機能のみならず健康増進という意味では様々な良い影響があります。
最近疲れやすくなった、飲み会で二日酔いが心配、と不安もいろいろ感じる人が多いかもしれませんが、そのような人にこそスルフォラファンはおすすめの成分なのです。

肝臓を助ける成分について

肝臓は異常があっても気づきにくく、気が付けば取り返しのつかないことになってしまっていたということも多い臓器です。
そのため、日頃から肝臓に良い生活を心がけなければなりません。
そのためには、運動を定期的に行ったり食生活を見直したりしなければなりません。

 

では、食生活について見直そうと思っても、肝臓に役立つ成分が何なのかを知らなければどうすることもできません。
そこで、肝臓に良い成分と、その効果についてご説明したいと思います。

 

・タウリンについて

 

タウリンは魚介類に豊富に含まれる成分で、肝臓にとても良い成分です。

 

タウリンの肝臓への効果は様々ありますが、主に脂肪肝への効果が期待できます。

 

脂肪肝とは中性脂肪が肝臓に付着してしまった状態のことで、様々な肝臓の問題へとつながってしまいます。
この、肝臓にくっついてしまった中性脂肪を取り除くのがタウリンの働きです。

 

魚介類を毎日摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを用いた摂取もおすすめです。ぜひ摂取するよう心がけてみてください。

 

・オルニチンについて

 

オルニチンは、オルニチンサイクルという、アンモニアの分解過程で役立ちます。
アンモニアは有害な物質なので、解毒分解されて尿素へとなります。その際に肝臓が使われます。

 

オルニチンをしっかり摂っておけばこの行程を助ける働きがあるので、肝臓への負担を和らげることができます。

 

・ウコンについて

 

ウコンドリンクを飲酒の際に利用する方は多いと思います。
そのことからもわかるように、ウコンはアルコールの分解に役立ちます。
また、脂肪肝などの改善にも効果があり、肝臓にはとても効果的な成分です

 

飲酒の際だけでなく、日頃からウコンを摂取しておくことで、肝臓の機能向上が見込めます。

 

・アラニンについて

 

肝臓は様々な物質の分解をする臓器で、その負担は計り知れません。
その肝臓の分解能力を向上させ、結果として肝臓の負担を和らげる成分がアラニンです。
ホタテなどに豊富に含まれる成分で、ホタテ2個ほどで十分な肝臓の分解能力向上が見込めます。

 

また、レバーもアラニンが豊富に含まれている食材です。
アラニン以外にも、ミネラルやビタミンB1など、レバーには肝臓の働きを助ける成分がたくさん含まれています。

肝臓病の種類

肝臓は様々な物質の分解を担当する臓器で、異常が発生しても、なかなか自覚症状が出にくいので気が付くと取り返しのつかないことになってしまっていたということも多々あります。
その肝臓の病気についてご紹介したいと思います。

 

肝炎とは

肝炎は、ウイルス感染、薬物や飲酒、自己免疫などにより、肝臓の細胞に炎症が起こってしまう病気のことです。多くの肝炎がB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスへの感染によって引き起こされますが、肝炎には多くの種類があります。
肝炎の症状は黄疸が皮膚にできる、吐き気、発熱、だるさ、などがあります。これらの症状は風邪と似ており、これをただの風邪だと放置してしまうと、悪化してしまい、命の危険がある病気である、肝硬変や肝臓がんにまでなってしまう恐れがあります。

 

また、肝炎の中には死に至る恐れのある劇症肝炎というものがあります。この肝炎は突然肝臓の細胞が壊れてしまうというもので、肝機能が急速に衰えていく恐ろしい肝炎です。
放置しておくわけにはいかない病気なので、もし少しでも肝炎の可能性を感じたら、必ず病院で検査、診察をしてもらいましょう。

 

A、B、C、D、E型などのウイルス性肝炎があり、他にも、アルコール性肝炎という飲酒が原因の肝炎もあります。アルコール性肝炎は脂肪肝を長い間放っておくとかかってしまうもので、この肝炎については食生活の改善などで十分防ぐことができます。脂肪肝を指摘された場合は速やかに飲酒量を減らさなければなりません。
自分が肝炎にかかっているかどうか、症状が出てしまってからわかったのでは遅いので、肝炎ウイルス検査を利用することをおすすめします。
病院によっては有料だったり無料だったりするので、病院に問い合わせてみてください。

 

肝硬変とは

最近よく聞く肝硬変という病気ですが、その病気がどんな病気でどうしてかかってしまうのかを知っている人は多くないと思います。
肝硬変は命に係わる病気で、どんな人にも関係する病気です。肝臓が炎症してしまっている状態が肝炎ですが、これが慢性的になってしまうと、壊された肝細胞を治す再生能力が働かなくなってしまいます。
そもそも、肝臓の再生能力はとても高く、多少肝細胞が壊れてしまっても問題なく働いてしまうくらいです。これが、肝臓の病気が発見されずに悪化されてしまう原因のひとつでもあります。
この再生能力が働かなくなると、再生結節というところで、壊れてしまった部分の働きを担います。
この再生結節はとても硬いもので、結果として肝臓がどんどん硬くなっていってしまいます。
どんどんこういった部分が増え、肝臓全体が硬くなってしまった状態が肝硬変です。

 

肝臓が小さく硬くなってしまった状態のため、本来の働きをする肝細胞が正常な肝臓に比べるととても少なく、十分に働くことができなくなってしまいます。
そして肝硬変は肝臓がんへと悪化していきます。

 

肝臓の病気は総じて自覚しづらいものです。そもそもの原因となる脂肪肝なども、肥満とは関係なく、痩せている人もかかってしまうことのある病気です。肝硬変も、脂肪肝と同じく、自覚症状の出づらい病気です。それだけ、肝臓の働きに異常が出るということは大変なことだともいえます。必ず、異常が発生する前に対処する必要があります。
そのためにも、定期検査などで、肝臓の働きを示す数値に注意しなければなりません。

 

肝硬変にはあまり自覚症状がありませんと言いましたが、悪化すると少しずつ症状が見られ始めます。腹水になったり、むくみやすくなってしまったり、尿の色が濃くなったりします。

 

脂肪肝とは

中年の間で問題となっている病気が脂肪肝と呼ばれる肝臓病です。
脂肪肝は生活習慣病の一種です。
脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に付着してしまった状態で、脂肪の肥満と想像すればわかりやすいと思います。

 

脂肪肝は生活習慣病と呼ばれるので、当然生活習慣が原因です。
特に食生活が問題になりやすく、食べ過ぎたり頻繁に大量の飲酒をしたりする人は注意が必要です。

 

脂肪肝の患者は増加傾向にあり、成人女性の3%、成人男性においては10%ほどの人が脂肪肝と言われています。
食生活の変化からか、子供が脂肪肝になることもあり、その数も増加しているようです。

 

脂肪肝自体で突然死に至ることはありませんが、命に係わる肝臓の病気へとつながっていってしまう恐れがあります。

 

肝硬変やウイルス性肝炎などの肝臓病も脂肪肝が原因です。
これらの病気は死に至るケースもあるため、脂肪肝の段階で生活習慣の改善をしなければなりません。

 

しかし、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれる臓器で、多少の問題が生じていても、通常通り働いてしまいます。
そのため、肝臓病の多くは自覚症状が出にくいのです。

 

脂肪肝も自覚症状の出にくい病気です。
正確には、症状は出ても、それが脂肪肝によるものだとは気付きにくいと言えます。
脂肪肝にかかり悪化すると、倦怠感や食欲減衰、疲労がたまりやすく取れにくくなる、などが現れるのですが、これは脂肪肝にかかるような生活習慣の方なら、他にも要因が見つかると思います。

 

また、見た目でも脂肪肝は判断できません。
肝臓の肥満と言われると太っている人がかかる病気というイメージですが、痩せている人でも脂肪肝にはなります。

 

ですので、健康診断などでできるだけ早く発見できるように努めましょう。
肝硬変や肝炎などに悪化する前に必ず発見しましょう。

 

脂肪肝の改善としては生活習慣の改善が最良の手段です。
投薬という手段は、最終手段です。
毎日しっかり運動し、食生活をただすことが重要です。

 

食べ物に関しては、量だけでなく、油や糖分は避け、肝臓に良い成分を豊富に含んだ食材を選ぶようにしましょう。

 

また、飲酒もできるだけ避け、どうしてもお酒を飲みたいのであれば、休肝日を設けるなど、工夫をするようにしましょう。

肝機能障害とは何なのか

肝臓の働きがどの程度かを調べるのが、健康診断や定期検診です。
健康診断や定期検診では、GTP・GPT(ALT)・GOT(AST)と呼ばれる数値を用います。
この数値を判断材料として、肝機能障害になっていないかを調べます。

 

肝臓は、多少の異常では働きに支障が出ないため自覚症状がでにくく、そのことから沈黙の臓器と呼ばれています。
ですので、健康診断や定期検診で指摘されるまで気づかず、肝臓を酷使してしまっているということが多々あります。

 

肝臓の働きに支障がない内から対処しておくべきなのですが、対処をしておらず、肝臓の働きに問題が出てしまった場合、肝機能障害と呼ばれます。

 

GOT、ガンマGTP、GPTは一種のたんぱく質で、本来なら肝細胞中にあるべきものです。
これらの、肝細胞中での働きは、酸素と同様のものです。
しかし、本来なら血液中にはわずかしか含まれていないこれらの成分が、もし血液の中で多量に検出された場合、肝細胞に何かの異常があると考えられるのです。

 

この数値が正常値から離れれば離れるほど、肝臓には重大な異常が発生していると言えるでしょう。

 

肝臓に脂肪がついてしまった脂肪肝、または慢性肝炎などを患っている人は肝機能障害になりやすいです。
また、肝臓に負担をかける飲酒などを頻繁に行っている方も肝機能障害の原因を作り出してしまっています。
もし、肝機能障害になってしまったら、飲酒をやめたり、回数や飲む量を控えたりして、生活習慣を改善することが必要です。

 

肝機能障害は後々、重大な問題に発展してしまう可能性もあります。
肝機能障害が悪化すると引き起こす病気に、肝硬変、肝炎、肝臓がんがあります。
いずれも命に係わる重大な病気なので、健康診断や定期健診で数値に異常があれば、すぐに対策を始めましょう。

 

運動で生活習慣を改善し、肝臓を健康に

肝臓に関わる生活習慣は飲酒だけではありません。
当然食生活も肝臓の健康に重大な影響を与えます。
また、運動も重要になってきます。

 

肝臓に脂肪がついてしまう脂肪肝の改善、予防にも運動は効果的なので、運動することを習慣づけることをおすすめします。

 

しかし、運動と言っても、いろいろな運動があり、どれをすればよいか迷ってしまう人がいるかもしれません。

 

運動と言っても、ウエイトトレーニングのような無酸素運動は、肝臓に効果的とは言えません。
それどころか、体に負担をかけ、悪化させてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

肝臓の健康に効果的な運動は、ランニングやウォーキング、水泳などの有酸素トレーニングです。
有酸素運動は、負荷の低い運動を持続的に行うものなので、体に負担がかかりづらいものです。
その分、短時間ではあまり効果がありません。少なくとも30分以上は運動を続けるよう心がけましょう。

 

有酸素運動の中でも水泳は、膝などに問題を抱えている人にもお勧めです。
水中では体への負担が軽減されるからです。
また、水の抵抗があるので、消費カロリーも多く、効率的です。
30分程度の水泳で効果があげられるでしょう。

 

手軽にできる有酸素運動として挙げられるのが、ウォーキングやランニングです。
1日2、3kmほどを30分以上かけて走るのがいいでしょう。
ペースとしては、人とおしゃべりができる程度の速度がおすすめです。
息切れがするほどのハイペースで走る必要はありません。
楽しみながら走れるペースを見つけましょう。

 

体操も有酸素運動の一種です。
体操ならば、自宅でも行うことができるので、習慣化しやすいと思います。
ラジオ体操やエアロビクスなどを行ってみましょう。

 

運動する時間を定期的に取れない場合は、普段の生活で運動するよう心がけるのもよいです。
例えば、できるだけ階段をのぼったり、いつも使っている駅から1駅遠い駅まで歩いてみたり、できることは多いと思います。